太陽光発電システム『2019年問題』とその対策!

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

毎日暑いですね。
私は日陰から日陰へと忍者のように渡り歩くのに全力を費やしていますが、きつい日差しの下でも会社の太陽光発電システムは快調のようです。
やはり8月は発電量が多いですね。


さて、暑い日も寒い日もがんばってくれている太陽光発電システムですが、2019年11月より固定価格買取制度(FIT)が順次満了します。
既に太陽光発電システムを導入されている方は国からの通知でご存知かと思います。

今回はこの影響を受けて発生する、『2019年問題』についてブログを書こうと思います。

太陽光発電の『2019年問題』とは?

固定価格買取制度(FIT)の契約が順次終了

2009年11月より、固定価格買取制度(FIT)が開始されました。(※2009年当時は余剰電力買取制度という名称でした)

この制度は、発電した電気を電力会社が10年間固定価格で買い取ることを国が保証するという制度です。
買取義務保証期間が終了すると電力会社に買取義務がなくなり、今までの価格で買い取ってもらえなくなります。

そして2019年11月より、10年間の契約が満了するご家庭が順次出てきます

固定価格買取制度の期間終了後、いくらで電気を買い取ってくれるかは売電契約をしている電力会社が決定するのですが、その買取価格は大きく下がることが決定しました。
電気料金と売電価格が大きく逆転してしまい、売電による経済メリットを出すことが難しくなっています。これが『2019年問題』です。


ちなみに、固定価格買取制度が廃止になるわけではないので、これから太陽光発電を導入する方も固定価格買取制度を利用できます。

売電での経済メリットがなくなるのに、いまさら太陽光発電を導入するメリットなんてあるの?
なんてお声をいただきそうですが・・・。

確かに現在の売電価格は固定価格買取制度開始時より半分近く下がっています。
しかし!太陽光発電システム導入コストも当時より半額近く下がっています!
また、2014年に国からの補助金制度はなくなりましたが、各自治体では補助金制度が継続しています。


この記事では太陽光発電を導入している方、導入をご検討されている方に、太陽光発電は売電だけではないということをご説明させていただきます。

固定価格買取期間満了後の買取金額は?

固定価格買取制度の満了後、電力会社がいくらで電気を買い取ってくれるか気になりますよね。
創拓が岡山・香川で手掛けた太陽光設置工事の売電契約先は、下記の2社どちらかとなります。


▼中国電力
 7.15円/kWh

@参照(外部リンク)
 >>「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」による買取期間満了後の再生可能エネルギーの電気の買取価格等について(中国電力)


▼四国電力
 7.00円/kWh

@参照(外部リンク)
 >> 余剰電力の買取期間が満了したお客様に朗報!(四国電力)


売電開始時の48円/kWh現在の30円/kWhに比べると買取金額はかなり下がり、固定価格買取制度満了後に売電による経済メリットを出すことが難しくなっています。

高騰する光熱費 電気料金は年々上昇傾向 

燃料費の高騰や増税など、電気代が値上がりする要因はたくさんあり、近年の電気料金は上昇傾向にあります。
その原因は「燃料の値上げ」、「原子力発電所の停止」、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」などの要因があります。

ところで、上記で挙げた原因の一つである『再生可能エネルギー発電促進賦課金』というものをご存知でしょうか?

これは普段電力会社から電気を買う際に上乗せされているもので、「電気ご使用量のお知らせ」の電気料金の内訳に『再エネ発電賦課金』と記載されている項目にあたります。
全国すべての電力会社で同一の料金体系となっており、電力会社が太陽光発電の余剰電力を買い取る資金はここから徴収されています。

この再生可能エネルギー発電促進賦課金は年々上昇を続けており、電気料金の負担額は増え続けています。
再生可能エネルギー発電促進賦課金 推移

 2012年 0.22円/kWh ←スタート
 2013年 0.35円/kWh
 2014年 0.75円/kWh
 2015年 1.58円/kWh
 2016年 2.25円/kWh
 2017年 2.64円/kWh
 2018年 2.90円/kWh
 2019年 2.95円/kWh ←今年
2019年5月~2020年4月分の賦課金単価は2.95円/kWhとなっているので、月500kwh使用すれば、再エネ発電賦課金として1475円徴収されます。

固定価格買取制度終了後は『自家消費』がおすすめ!

売電単価が大幅に下がることを踏まえたうえで、現在の電力会社で今まで通り売電を続けることも可能です。

しかし、売電価格より電力会社から買う電気価格のほうが高くなっているのが現状。
このような状況から、低い単価で売った高い電気を買うよりは、発電した電気をためて『自家消費』する方がお得になります!
既存の太陽光発電システムもさらに活用できます。

蓄電池】を活用すれば昼間の発電電気をためることができるので、時間を問わず自家消費することができます。停電時も安心ですね。

県や市から蓄電池システム導入の補助金も出ています。
選択肢の一つとして、一度お見積りを取ってご検討してみてはいかがでしょうか?
 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お客様から選ばれる理由とは
リフォーム価格表
住宅ローンのお借り換え
  • イベント・チラシ情報
  • ショールームご案内
LINEでお見積もりはじめました!

  • 増税後もお得にリフォーム!『次世代住宅ポイント制度』と『LIXIL快適リフォーム応援キャンペーン』

  • いよいよ消費税率の引き上げが迫ってまいりました。リフォームは大きな買い物ですので、なかなかリフォームに踏み切れないお客様もいらっしゃるかと思います。
    >>詳しく見る
お気軽にご相談ください