スタッフブログ

雨漏り

最近ゲリラ豪雨とか想定外の大雨とかよく耳にしますよね。

昨日、雨漏りをしたので見てほしいとお電話があり現地調査に行ってきました。
確認したところ、このような感じで雨水が浸入していました。



お家の方に築年数をお聞きすると築35年以上は経つから、そろそろガタがきているのかなとご心配されていましたがご心配ありません!簡単な修繕で済みます!

今回の雨漏りの原因は…
①築35年以上の建物は(特に和瓦を使用している建て物)屋根に向かって
 左からの風を伴う大雨に弱い。
②和瓦の場合右の瓦が左の瓦に重なっており、その隙間に雨水が侵入した。
③さらに雨水が瓦の下に流れこみ、瓦桟を固定してある釘や瓦を固定してある釘穴から
  雨水が侵入した。

以上が原因だとご説明しました。

対策としては…
①侵入した雨水を軒先に流す工夫としてフエルト・ルーフィングなどの防水シートを
  張る。
②釘穴からの浸透率が当時のものでは低く雨漏りの原因に繋がっている為、今回の
  ケー スではゴム質のルーフィング・スリット付の瓦桟を使用し、今後万が一雨水が
  侵入しても 、雨水を 漏らさず軒先に逃がすようにする。(図面参照)



以上が対策ですとお伝えしました。

気になる費用ですが…
なんと総額40,000円!
もっと費用がかかるとお客様は思われていたみたいです。
結果、壁の塗装も20年前にしたきりなので修繕と一緒にお願いしますと言われました。
皆さんも雨漏り=費用がかかると思われていませんか?
創拓では無料で雨漏り診断を行っていますので、まずはお気軽にご相談お問合せ下さい。









 
一覧に戻る
電話相談 メール&相談*年中無休